見えないものを信じる力。映画キングダムを見てきました!

映画『キングダム』を見てきました。

大迫力のアクション、成蟜せいきょう役・本郷奏多くんの悪人顔、
嬴政えいせい王騎おうき将軍のリーダーシップなど見どころ盛りだくさんでした!

もう映画をご覧になった人・原作を読んだ人は大丈夫ですが、
この先は一部ネタバレが含まれます。

気になる人は映画を見てから続きを読んでね!

映画『キングダム』予告

大丈夫でしょうか?

 

では感想を書いていきますね。

私が特に心が震えたシーンが、

  • ひょうが信に夢を託して死ぬところ
  • 王都に攻め入って政が自らおとりになって仲間の勝利を信じて耐え凌ぐところ

の2つでした。

俺を天下に連れて行ってくれ・・・

漂は信と同じ下僕の少年だけど、
信よりもちょっとお利口さん。

奴隷の暮らしを抜け出すには剣だ!
一緒に天下の大将軍になろう!

と大望を抱き、
信と2人で剣の修行に明け暮れます。

 

その漂が秦王の身代わりになり、
重傷を負って信の小屋に戻ってくると、
謎の地図を渡して言いました。

「託したぞ!
俺たちは力も心も等しい
お前が羽ばたけば俺もそこにいる。
信、俺を天下に連れて行ってくれ・・・」ガクッ

ひょおーーーーーーーーーー!!!

まだ夢に向かう道半ば、
漫画で言ったら1巻にして漂は死んでしまいました。

さぞ悔しいだろうと思うところですが、
漂の声は最後まで力強く、
表情は清々しくさえ見えます。

 

その後、信はへきから話を聞き、
亡くなる前の漂の活躍ぶりを知りました。

窮地で自ら前に出て「諦めるな!」と兵士を鼓舞する姿は
“将”だった、と。

 

漂には、見えていたのです。

昌文君しょうぶんくんのわずかな兵が生き残り、
政を助けて王都を奪還することが。

武功を挙げた信が大将軍となり、
数万の軍勢を率いる姿が。

だから命を投げ打って政を守り、
後を信に任せて安心して死んだのでしょう。

まだ見えない未来が良くなることを信じて
今を全力で生きていれば、
いつ死んでも後悔はないのかもしれません。

耐えしのげば、俺たちの勝ちだ!

政が信や兵士たちを鼓舞するシーンが何度かありますが、
王都の門を突破して中庭での戦闘は一番すごかったです。

 

次から次へと湧いてくる成蟜軍に、
流石の精鋭チームも披露困憊。
もうだめだ、という空気が漂い出した頃に
政は言いました。

「俺たちはただ耐えしのげばいい、
耐えしのげ!
剣が折れても、腕を失くしても、血を流し尽くしても耐えしのげ!
耐えしのげば、俺たちの勝ちだー!!」

うぉぉーーーーーーー!!!

別働隊の信たちが必ず成蟜を討つことを信じて
勝利を確信していた政は、
兵士たちの戦意を復活させます。

 

仲間を信じ、
作戦の成功を信じ、
その先の中華統一も信じている。

未来を信じる力が、
大きなエネルギーを今に与え、
周りの人の心を動かす。

昌文君、楊端和ようたんわ、王騎将軍、兵士たち、そして信も、
政の見ている未来を一緒に見たくて
協力したくなっちゃうんじゃないでしょうか。

成蟜は「玉座に着く」という
ごく近い未来までしか見ていなかったので
迫力で政に負けてしまいました。

見えないものを信じる力

見えないものを信じる力って
別にスピリチュアルな話ではなくって、
100%の保証がない未来に対して
努力し続けられる力なんだと思います。

スポーツでも、受験勉強でも、ビジネスでも、
上手くいくことを信じられなかったら
他の何もかもを放り出してまで頑張るなんて
とてもじゃないけどできませんよね。

 

私は3年ほどブログを書き続けてますが、
自分で未来を信じて続けられたわけではありません。

何だか分からないけど
佐藤想一郎さんが「書け、書け」と言うので
おだてられて書いてたらいつの間にか
月間30万PVとかになってたんです。

びっくりしたのが、後で想一郎さんが
「僕、ブログでこんなアクセス集めたことないですよ」
って言ってたことです。

はぁ?! 自分も経験ないくせにできるできるって
口から出まかせ言ってたんかーい!!
と内心、青ざめました。笑

もっとびっくりなのは、
鼓舞された私が本当にできちゃったことです。

まあ確かに想一郎さんが
「そこまで行けるか分かんないんですけど、
書けたら書いてください」
ぐらいのノリだったら、
私は絶対にサボってやめてましたけど!

 

政だって、誰もやったことのない、
もちろん自分にも経験のない「中華統一」を
無謀にもできると信じて、周りを巻き込んで、
史実は本当にやっちゃったわけですよね。

信じるものが救われるかどうか分からないけど、
少なくとも、
信じてないと努力はできないし、
人を動かすこともできないんだろうな、
と思いました。

 

キングダムは漫画も映画もおすすめです!

リーダーの人は特に勉強になると思うので、
機会があったらぜひチェックしてみてね。

コメント